オンラインカジノとは

オンラインカジノ 基礎知識

オンラインカジノとは?(法律・基礎知識編)

オンラインカジノの誕生・歴史について

オンラインカジノはヨーロッパで誕生しました。オンライン上でリアルマネーを賭けて遊技できて、勝利金は電子決済を経て、指定口座へ出金できるものがオンラインカジノです。

オンラインカジノの始まりと世界的なインターネット普及の時期は重なります。(1990年代)割と知らなかった方も多いんではないでしょうか?

元々、ヨーロッパでは「ブックメーカー」と呼ばれるスポーツ賭博などは一般的に行われていて、日本よりもネガティブなイメージが強くない文化という点も大きいでしょう。海外生活が長い方などに是非聞いてみてください。

世界的に広く遊ばれている賭博の一つでもある「カジノ」がインターネットの普及とともにネット上で365日、24時間、いつでもどこでもプレイできるようになり、今に至ります。

オンラインカジノは、誕生から20年以上の歴史を持つ正規許可を受けて運営されているギャンブルエンターテイメントです。海外では「I Gaming」と称されています。

世界初のカジノライセンスは「アンティグア・バーブーダ」、世界初のゲームソフト会社は「マイクロ・ゲーミング社」、世界初のオンラインカジノサイトは「インターカジノ」である。
オンラインカジノとは何か?【実践編】
今回は、オンラインカジノとは何か?の実践編として記事を作成しています。 基礎知識編については下記からお読みになれます。 それでは、一緒に進めていきましょう。 オンラインカジノへの入金・出金方法について オンラインカジ...

オンラインカジノの決済方法(入金・出金方法)について

オンラインカジノは外貨(米ドル・ユーロ)へ日本円を変換して入金したり、出金を行います。ほかに、電子マネーウォレット(エコペイズ・アイウォレット・ザイフなど)が利用可能です。

銀行口座を国際的に送金をさせる銀行送金・クレジットカードによる決済(日本国内だと入金のみ)なども利用することが可能です。

亜種的で、「仮想通貨・暗号資産」を用いて決済できるカジノもどんどん増えてきています。覚えておきたいのは、カジノサイトへ直接送金する訳ではなく、使用する決済企業ウォレットへ送金してオンカジへ入金していく流れとなります。(カジノによって変動あり)

これが、日本国内のギャンブル「競馬・競輪・競艇・パチンコ・宝くじ系」と比較すると大きく相違する決済方法だと感じます。

エコペイズ(多くのカジノで使用可能電子マネーウォレット・無料で作れる)

画像は、多くのカジノサイトで使用が可能な「エコぺイズ」のロゴ。

ビットカジノは世界初の仮想通貨(ビットコインなど)でカジノ決済の許可を得たオンラインカジノです。現在のオンラインカジノ業界では仮想通貨対応はカジノサイトの人気の条件にも成りつつあります。

信頼性の持てるオンラインカジノの目安は日本語サポートの有無

正規許可を受け、合法的に運営されているカジノで、日本進出しているカジノサイトは、ほとんどが「日本語サポート」に対応していると言えます。

*仮想通貨で決済可能なビットカジノも日本語サポートは完備していますね。

オンラインカジノは違法なのか?

オンラインカジノを運営する為に必要な許可・資格とは?

オンラインカジノ運営に必須なのは、カジノ合法政府発行のカジノライセンス。

この政府許可が絶対に必要です。

これは、国家政府内でカジノが合法な政府発行のライセンスで、多くの国家で発行されています。但し、ライセンスによって信頼性・審査基準にはグレードがあると言われています。

例えばUKライセンスは世界で最も審査基準が厳しい為、世界で最も信頼性の高いカジノライセンスと称されます。(よく知るテニス世界大会の公式ブックメーカーカジノが保持していたりする)

そして、海外のオンラインカジノプレイヤー(i-Gaming)は、ライセンスの価値をよく理解していて、自然に信頼性などを感じ理解している様に考える事ができます。

【カジノライセンスの審査で行われる主な調査】

  • 運営元に十分な資金があり今後も経営能力があるか
    運営者の背後関係の調査(犯罪関係者が関わっていないか?マネーロンダリング防止)
    ゲームの公正さを確保する仕組みがあるか?
    法令遵守をさせる仕組みが運営組織内にあるか?

カジノライセンス取得とは上記のポイントなどを6か月にわたり、調査・審査したうえで発行されます。6か月間も時間があるので、隅から隅まで調査されることになるでしょう。

海外で合法のオンラインカジノを日本でプレイしても違法にならない理由とは?

前項でも触れましたが、オンラインカジノの運営には政府発行のカジノライセンスが必須です。ライセンス規約に則り、きちんと運営しているオンラインカジノを日本からアクセスしても現時点では、「捕まる事は無い」です。

根拠としては、過去の裁判例と結果を参考にすることができるかと思います。

日本でのスマートライブカジノ事件(オンラインカジノプレイヤー最初で最後の国内逮捕者)

2016年3月に、日本語だけの会話や、日本時間に合わせての営業、日本人ディラーとのライブカジノが、対日本人向けにオープンしているのではないか?という容疑で、3人の京都の男性が逮捕されるという事件がありました。

イギリス(英国)を拠点にきちんとライセンスを持つ企業がスマートライブカジノを運営したので、オンラインカジノサイトには、問題は一切ありません。

この事件は、日本には海外の合法賭博を遊戯してはいけない、という法律が存在しない事から、一転二転したのち、「無罪」判決が決まっています。

その際に、現役のプロ雀士であり、弁護士でもある「津田岳宏」氏の功績は非常に大きかったといえます。賭博罪に精通した弁護士が日本のオンラインカジノの世界を広げてくれたわけです。

津田岳宏氏の法律事務所 ホームページ

 

2016年3月以降、正規のオンラインカジノのプレイヤーで、逮捕者は一度も発生していません。

仮に逮捕されても、スマートライブカジノ事件の結果を知っていれば、「有罪」にはならないでしょう。「逮捕」=「有罪」ではないのですね。

とはいえ、今後の法律改正なども情報のアンテナを立てておく必要がありますし、現時点で海外のカジノに対する法律が日本に存在していないだけでもあるので、「グレー域」という事も、一応知っておきましょう。

まとめ(オンラインカジノとはなにか?基礎知識編

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。調べたかったことは伝わりましたでしょうか?

今回は、「オンラインカジノ」とは何か?という点について書いています。

  • 海外に拠点(サーバーなど)があって、カジノライセンスをきちんと保持しているサイトの事
  • カジノライセンスにもグレードが存在、信頼性のあるライセンスの方が更に安心!
  • 1990年にヨーロッパで誕生、最近では日本国内でも浸透しつつあるギャンブル
  • 実際に現金を賭けれて、勿論引き出しも可能!
  • 365日24時間どこからでもプレイできる!

オンラインカジノって何?

と、友人にもしも聞かれたら、こう答えます。

更に、現在の日本には、「オンラインカジノ遊戯禁止」の法律は無い事を付け加えさせていただきます。

今回はこの辺で終わりにしようと思います。

次は、もう少し具体的なオンラインカジノの内容に触れていこうと考えています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました